おうち中華レシピ!ふわとろ天津飯 | シェルファcook

おうち中華レシピ!ふわとろ天津飯

卵がメインの丼はいかがでしょうか♪

”天津飯”と聞くと中華料理のイメージでしたが…実は日本発祥でした!てっきり、中国発祥かと思っていました・・・。

卵を消費したいとき、ササッとボリュームのある1品を作りたいときにオススメです☆

ササっと作れるのに栄養価も高い1品です♪

季節の変わり目は体調を崩しやすく、また紫外線量も増えてくるので「ビタミンC」の摂取が大事!

栄養満点の卵は唯一、ビタミンCと食物繊維を含んでいません。(逆に言えば、この栄養素以外の栄養素をあの小さな1個に含んでいるのですごいですよね!)

そこで、今回は彩りにグリンピースではなく、枝豆を使ってビタミンCを少しでもプラス♪(摂取できるビタミンC量としては微量ですが・・・笑)

93円 514kcal

材料・費用 調理時間

<材料・費用>(1人分)  調理時間:約10分
・鶏卵 2個・・・20円
・かに風味かまぼこ 2本・・・6円
・片栗粉 小さじ1・・・3円
・水 小さじ1
・塩コショウ 少々
・サラダ油 大さじ1・・・2円
★水 125ml     ★創味シャンタン 小さじ2・・16円
★しょうゆ 大さじ1/2・・1円
★砂糖 小さじ1/2  ★酢 小さじ1
★酒 小さじ1/2   ★片栗粉 小さじ2・・6円
★オイスターソース 小さじ1/3・・3円
★枝豆 適量
・ごはん 1人前・・36円

合計金額93円(1人分)  ※費用は、あくまで自分たちがスーパーで購入した際の税込み金額を基に計算しています。時期や場所により値段は変動し、必ずしもこの費用で作れるとは保証できませんので、あくまで参考にしてください。

栄養価(1人分)

1人分当たり
エネルギー514kcal
タンパク質20.0g
脂質21.7g
炭水化物54.5g
食物繊維1.3g
食塩相当量2.4g
ビタミンB20.49mg
2.3mg
葉酸90μg
ビタミンC3mg
ビタミンD2.0μg

作り方

①小鍋に★を入れてよくかき混ぜる。混ぜながら中火で加熱し、透明になったら火を止める。

②ボウルに卵を割り入れ、カニカマを手で割いて入れる。水溶き片栗粉を加えて、切るように混ぜる。

③フライパンに油を入れて白い煙が立つまで熱したら、強火のまま②を一気に流し入れる。(卵の周囲が沸々となったら熱せられた証拠!)

④数回、卵液を大きく切るように混ぜながら、円の形に整える。卵が半熟になったら、お皿に盛り付けたごはんの上に乗せる。

⑤④に①のあんをかける。

ポイント

〇卵をふわふわにするコツは、「多めの油で強火で加熱すること」「水溶き片栗粉で卵の水分をキープすること」です!

〇今回は、枝豆を使用しましたが定番のグリンピースでもOKです。

ちょこっと栄養豆知識

栄養効果:「免疫力アップ」「貧血予防」「カルシウムの吸収率UP」「疲労回復」

下のボタンをポチっと押していただけると、これからの励みになります☺

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました