さつまいもときのこの炊き込みご飯 | シェルファcook

さつまいもときのこの炊き込みご飯

9月~11月がおいしい時期のさつまいもを炊き込みご飯で簡単に美味しく♪

食物繊維、ビタミンC、ミネラルがたっぷりのさつまいもは美容効果も期待大!

でんぷんが主成分のお米や小麦と比べて、カロリーは約1/3と低めです。それなのにビタミンCや食物繊維が豊富☆

60円~ 313kcal

材料・費用 調理時間

<材料・費用>(2人分)  調理時間:約45分
・お米 1合・・・64円
・さつまいも 小1/4本
・お好きなきのこ 100g・・・50円
☆しょうゆ 小さじ1・・・1円
☆酒 大さじ1・・・2円
☆和風顆粒だし 小さじ1/2・・・3円
・あさつき 適量

合計金額120(2人分)  ※費用は、あくまで自分たちがスーパーで購入した際の税込み金額を基に計算しています。時期や場所により値段は変動し、必ずしもこの費用で作れるとは保証できませんので、あくまで参考にしてください。

※さつまいもは、頂いたものなので食費に含めていません。

栄養価(1人分)

1人分当たり
エネルギー313kcal
タンパク質5.9g
脂質0.8g
炭水化物68.8g
食物繊維2.7g
食塩相当量0.7g
1.0mg
カリウム366mg
葉酸47μg

作り方

①さつまいもは綺麗に洗います。1cm角に切り、水にさらしてアクを抜きます。

②お好きなきのこを1~2cmの大きさに切ります。

③お米は洗米し、しょうゆ、酒を加えたら規定量の目盛まで水を加えます。そこに和風顆粒だし、①の水を切ったさつまいも、②のきのこを加えて、全体を平らにしたら炊飯スイッチオン!

④炊けたら、軽くほぐしてお皿に盛り、あさつきを散らしたら完成♪

ポイント

さつまいもの甘みを活かした味付けになっています。さつまいもの甘みが少ない場合は、ごましおなどの塩気を加えると、さつまいもの甘みが引き出されます☆

ちょこっと栄養知識

栄養効果:「便秘の予防・解消」「むくみの解消」「美肌効果」

さつまいもを美味しく食べるコツ

①すぐに水にさらしましょう

さつまいもはアクが強い食材なので、空気に触れると黒っぽく変色します。なので、切ったらすぐに水にさらしましょう☆ さつまいものアクは皮の下にあります。

②焼き芋にする際は、ゆっくり加熱しましょう

さつまいもに含まれる消化酵素の働きは、ゆっくり加熱することによって活性化されます。この消化酵素がでんぷんを分解することによって甘みが出てくるので、30分ほどかけてじっくり焼くと美味しい焼きいもになります☆

下のボタンをポチっと押していただけると、これからの励みになります☺

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました