えのきだけで簡単副菜!えのきの生姜焼き | シェルファcook

えのきだけで簡単副菜!えのきの生姜焼き

シャキシャキとした歯ごたえがたまらない「えのきたけ」だけで立派な副菜に♬

パッとできて、しかもヘルシー&美味しい♪ そして食費も安い!

ちょっぴり濃い目の味付けなので、ごはんが進みます☺

「あと1品・・・」にぜひいかがでしょうか♪

14円 23kcal

材料・費用 調理時間

<材料・費用>(2人分)  調理時間:約3~5分
・えのきたけ 1/2袋(100g)・・・25円
☆しょうがおろし 小さじ1/2・・・1円
☆しょうゆ 小さじ1・・・1円
☆みりん 小さじ1
☆砂糖 小さじ1/2
・刻みねぎ 少々

合計金額27円(2人分)  ※費用は、あくまで自分たちがスーパーで購入した際の税込み金額を基に計算しています。時期や場所により値段は変動し、必ずしもこの費用で作れるとは保証できませんので、あくまで参考にしてください。

栄養価(1人分)

1人分当たり
エネルギー23kcal
タンパク質1.6g
脂質0.1g
炭水化物6.6g
食物繊維2.0g
食塩相当量0.4g
ビタミンB10.12mg
カリウム186mg

作り方

①えのきたけの石づきを切り取ります。そしてなるべく平たくなるようにえのきたけを広げて、フライパンに乗せます。中火にし、そのまま焼いていくと、だんだん縮んできます。そのまま加熱し、えのきたけに焼き色が付いたら、ひっくり返して片面も同様に焼いていきます。

②焼いている間に☆を混ぜ合わせておきます。えのきたけの裏表に焼き色が付いたら、混ぜ合わせた☆を加えて、全体に絡めたら完成♪ お皿に盛り、刻みねぎを散らして召し上がれ♪

ポイント

油は引かずに、焼き色が付くまで放置です!1分ほどで縮み始めて、2分くらいで焼き色が付きます♪

火を通しすぎると歯ごたえも風味も逃げてしまうので、加熱しすぎは注意です!

ちょこっと栄養知識

栄養効果:「便秘予防・解消」「免疫力アップ」「風邪予防」「がん予防」

野生のえのきは白色じゃない

最も流通しているえのきたけ、白くて細いものがほとんどです。これらは栽培しているえのきたけ。

野生のえのきたけは、白色じゃなくて茶褐色!白色に見慣れて、あまりイメージできないですよね!

がん予防効果が期待できる栄養素の含有量は、きのこの中でもトップクラス

抗がん作用が期待できる「レンチナン」という栄養素の含有量は、ほかのきのこよりもえのきたけは多く含まれています。さらにミネラル類の含有量はしいたけ以上なんだとか☆

淡泊な味のえのきたけは、どんな料理にも合います。えのきを加えることによって、食物繊維やミネラル、ビタミンB群が増えるので、色々な料理に加えてみましょう♪

下のボタンをポチっと押していただけると、これからの励みになります☺

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

  1. 鳩胸太郎 より:

    こんばんは^^えのきのしょうが焼きいいですね
    ちょうど昨日作ったところです
    我が家えのきだらけで消費に困ってます><
    早速作ってみますね!

    • シェルファ シェルファ より:

      こんばんは☆
      ちょうど昨日作ったのに、また早速作ってくれるんですね!
      ありがとうございます^^
      残ったえのきは冷凍すると栄養価UPです☆

タイトルとURLをコピーしました